ロードバイクを買って1ヶ月

3/16:購入日

数年間大好きな漫画・アニメである「弱虫ペダル」への思いの丈が溢れてきたことと、乗ってみたという気持ちが大きくなり、ワイズロードへ行った。その日のうちに購入まで至るとは思っていなかったが、色んなバイクに跨ってあれよあれよと店員と話しているうちに購入を決めてしまった。最初は値段と初心者向けモデルということでキャノンデールのCAAD10あたりと思っており、店にあるサイズも身長的にもちょうど良いとなっていて、ほぼこれに決まりかけていた。しかし、店内を見て回ったときに、目に入ったMeridaSCULTURA6000というバイク。これはサイズが大きいと思いますと言われたものの、真っ青にマットのフレームのバイクがかっこよくて一度跨らせてもらった。その後に実際に身長や報下、腕の長さ等を測り、お店のよく知らない計算式に当てはめてもらったところ、なんと手足が長いのでかっこよいと思っていたMeridaSCULTURA6000のほうが身体に合っていることが分かった。店員さんに「普通女性でこのバイクのこのサイズは乗れませんよ!」と言われ、運命的なものを感じてしまったので予定より10万は余裕でオーバーしているこのバイクに決めた。その後にヘルメットなども選んだが店内は蛍の光が流れており(つまり閉店済)、ちゃっちゃと色んなものの購入を決めた。ローン組むために閉店後の手続きが出来ず後日に再来店してその手続きをした。 (因みにその日はママチャリで30kmくらいサイクリングした)

3/25:納車日・荒川ライド

ワイズロードの入り口で、じゃあお気をつけて!と店員に言われ、えっ突然乗るのかまじかと思ったが、とりあえず乗った。低っ!低い。ハンドルが低く感じる。実際はハンドルが低いというよりも普段乗っている自転車よりサドルが高いのだ。普通の自転車と比べるとかなりの前傾姿勢になる。慣れない姿勢に怖いけどそのまま歩道を進んだ。どきどきしながら乗っていて大きな道に出て思いっきり踏んだらすごく進んで嬉しかった。普段車にも乗らないので道は良く知らない。近くに桜並木がきれいな道があることを知った。

帰宅して見ていなかったロードの乗り方などの動画をちゃんと見て、ママチャリに乗る彼氏ととりあえず荒川を目指して走った。大きめの道路を通り車道を走る。思いっきり走れるので気分がいい。ただ信号が多いので止まらなきゃいけないのはもどかしい。多少の坂では、サドルに座ったままでも進んで楽しかった。

荒川にはサイクリングロードがあってローディーが沢山いる。思いっきり踏んだらめちゃくちゃ進む。楽しい。こんな風に止まらないでよいコースを走りたい。近くにあった浮間公園はお花見で人が沢山いた。

3/31:代々木公園でお花見


友人と代々木公園で花見。朝から場所取りの為に6時に起床し、7時頃に出発した。家から代々木公園までは7kmくらい。南下していく大きな道端にはトラックが並んでおり走りづらい。新宿あたりのピルの横を通ると、休日の朝なので人がおらずかなりすがすがしい気持ちがした。いつもは人が大勢いる場所の人がいない景色が元々好きた。なんだか非日常的に感じる。そんな場所をードバイクで走るのは心地よい。予想よりもかなり早く着き、花見の場所取りも出来た。

花見の時は自分たちのシートの近くにバイクを置いていたので、ローディーさんに声をかけれて少し話したりした。花見の後、代々木から代々木上原までほんの少し走って皆でカラオケに行った。このあたり坂道が多い。帰りの大きな道路は朝とは違う顔たった。クロスバイクで走っている人が多くて、結構追い抜いてしまう。信号無視する人が本当に多い。サイジャ着たローディーきんがいたので追いかけたが速かった

4/7:小金井公園へ

バレーの前に少し走ろうと思っていたところ、気づいたら結構遠くに来ており、せっかくだから近くに公園ないのか思い立ち寄った。広場が大きくすがすがしい景色が広がる公園だったこの日は主に青梅街道を走ったが道ががたがたであんまり好きではなかった。

なぜか止まっているときに倒れでしまった。サドルが高いので止まるときにコツがいる。

4/8:井の頭公園へ


公園が好きなのでほぼ行き先が公園になる。ママチャリの彼氏と行ったがほぼ置いていってしまった。こんなに差がつくものなのか。桜はほぼ散っているのに花見(?)している人が多かった。

お気に入りの台湾系カフェに寄ってから帰宅。

4/16:夜のライド


週末に乗れずフラストレーションが溜まったので、往復10kmだと思って走った。平日から走るのは相当に気分が良い。その日は仕事でも気分が沈んでいたけれども、だいぶすっきりした。

4/20:ンディングシューズ練習


6
月に購入しようと思っていたもののGWにビンディングでロングライドしたいという気持ちから購入。シマノのRP3だけれども、狙っていた色の私のサイズは店舗にはなかったので、仕方なく白に。でもヘルメットは白だし青いバイクには合うし、結構気に入っている。近くの公園で夜な夜な練習。(大きい道の近くの公園なので明るくてよかった。都会は明るいのでありがたい。) ペダルに足がひっついているというのは想像以上に怖く、そして外すのが難しく苦労したけれども、 2時間ぐらい練習したらなんとなく乗って止まれるようになった。公園の砂の道から出て(絶対練習中は倒れると思ったのでアスファルトではないところで練習した)道路を走るとペダルの漕ぎやすさが格段に違うことがわかる。こうやって少しずつ色んなものをグレードアップしていくと、それぞれの重要さがよくわかるのでそういったところも楽しい。

4/21:飯能へロングライド

10時に出発。道が分からないままちょっと迂回してしまった。途中で斜度7度の坂があって前を走る男子高校生に追いつけなかったしきつかった。

所沢バイパス手前あたりで、iPhoneがホルダーから落ちてあせったところ、ピンディングを外すことができず楽車。なんとなく左側にこける癖がついていてよかった。 Phoneは車道に落ちていて壊れていなくてよかった。後から考えたらホルダーに付属していたゴム的なものをつけていなかったのでつけようと思う。
また所沢付近の道は、車道の白線に車の運転手が寝ないように、凹凸がつけてあって最悪である。ただし、バイパスは信号も少なくて走っていて気分はよかった。

飯能に着いた後に行きたかった場所に向かうもゆるやかな長く続く坂。木蓮が咲いており、その並木道を走るのは気分は良いものの最後の最後でこの坂は相当にきつかった。初めてフロントのギアを変えた。

ついた場所は、こちら。→https://www.treeoflife.co.jp/garden/

元々好きなハーブティーやさんの大きいもので、実際のハーブが植わっている花壇やレストランも併設さ れている。ご飯もとてもおいしくて落ち着く場所だった。ここでのんびりした後に飯能を出た。 行きは下り坂ばかりだったので意識しなかったけれども、飯能の周りは坂が多くてきつすぎる。 帰り始めたところから既に疲れがひどかったけれども、のろのろ走っていても普通の自転車よりは速いし、 帰りは行きよりもあっという間に感じた。

あと、なんとなく好きな風景ってのがあるなあと思った。

帰ったあとのお風呂が最高だったし、焼肉も最高だった。


4/22:
おしゃれカフェへ

超人気のカフェへ行った。パンもソーセージもすごくおいしかった。そのまま近くの公園でのんびりしてから帰宅。景色の良いところで止まって写真撮ってから追いかけてもママチャリの彼氏にすぐ追いつくのですごい。

<総論>

ロードバイクは楽しい!今まで自転車は景色や行きたいところへ自分の足で行くという楽しさがあったけれども、ロードバイクはそれよりもただ単純に乗って走っている事自体が相当に楽しい。速く進むのが楽しい。道の上を滑るように進むこの感覚をずっと味わっていたい、毎日乗りたい。専用の駐車場を使うので、お金がかかるけれども、通勤もしたい。これからGWはロングライドしたいし、もっともっと今年はロードで色んな所に行きたい!

夢は実家から阿蘇へ走ること!あと、ヒルクライムに出たりしてみたい!

手嶋純太さんへ

手嶋純太さん。あなたの存在を知ったのは、あなたが2年生の時の合宿の時でした。よく喋ってキザな嫌な先輩みたいな感じで、あなたは主人公たちを盛り上げる存在なのかなって思っていました。でも、本気で走るあなたを見て誰が勝ってほしいとかそんなんじゃない頑張るあなたが素敵で、その後走れなくなっても立ち上がろうとしているあなたに涙しました。そんな悔しい思いをしたのに、一生懸命サポートしたIHは、きっと悔しくて悔しかったでしょう。でも、あなたのその応援があったからこその優勝だったと思っています。「登りで100人抜け!小野田!」その台詞はかっこよくってすごいこと言うなって思ったけれども、「本当にやりやがった!」と言った時に、あなた自身も出来るとは半信半疑だったのかなとも思ったけれども、そうやって誰かを鼓舞できるようなことを言えるってすごいなと思いました。

そうして、あなたは3年生になって、キャプテンになって。キャプテンになってすぐにずっと練習してきたことを知りました。色んなレース、そして合宿があって。合宿は本当にすごい戦いでしたね。毎回毎回あなたはこれでもかって出し切って、でももう何も出来ないと思ってもそこからまだ絞り切るような走りをしていました。そうして、自分の手でレギュラーを勝ち取りましたね。

私も3年生の中でキャプテンやるなら、あなただと思っていました。でも、それは、ごめんなさい。実力じゃなくて、みんなのことをよく見ていること、誰かを励ませる力を持っていること、頭が良くてまとめるのが得意なこと、そういったリーダー的資質でそう思ってました。だから、そうやってキャプテンになったら、当たり前のようにあなたがIHに出て、その頭脳で策を考えて戦っていくのだとばかり思ってました。でも、あなたは違った。ちゃんとずっとずっとずっと練習をして。そうやって勝ち取った。それは本当に本当にすごいことです。

少しだけ、自分の話をします。私は、小5の時からバレーボール部でした。人数的にも小6の時にはレギュラーで。最後の試合、私のサーブは22vs23ぐらいで相手が1点リードしていた時。私は緊張して、入れなきゃ入れなきゃとばかり思っていました。そうして打ったサーブはネットに引っかかって。ごめんとしか言えなくて、みんなほとんど絶望していました。そのまま点が入って負けた試合の後、体育館の階段でみんな泣いていました。私のせいだ、私のせいだと思って、でももう時間は戻らなくて。どうしようもない自分への怒りと悲しみは、どこにもぶつけられず落ち込むしかありませんでした。それでも、ボールを拾った時の喜びが忘れられず、そして負けず嫌いな私は中学校でもバレーボール部に入りました。上下関係が厳しくなってよりハイレベルになった部活。そうやって少しずつ月日が過ぎて3年生になった時。私はレギュラーじゃありませんでした。同じポジションのリベロは中学から始めた子がレギュラーでした。その子は笑顔でコートに立っていてみんなから好かれるような可愛い子で、でも誰にも言わないでずっと帰ってからも自主練しているような子でした。私は、小学校からやっていた自分がレギュラー取れると思っていたこともありますし、そんなに頑張るみたいなことはできませんでした。そして、何よりホッとしている自分もいました。私はいじめられていたこともあって、コートで堂々と出来なくて声も出せないからよく人にボールを譲ってしまって気まずい思いをしていたし、そして何より、失敗するのが怖かったんです。小学生の最後の試合みたいに、自分のせいで失敗して、みんなが悲しむのが、みんなの期待に応えられないのが怖かった。本気で頑張れないのはそういったこともあったし、所詮その程度の気持ちだったんでしょう。あの子が自主練頑張っててすごかったから、自分とは違うからなんて、言い訳をしてずっと逃げていた気もします。

少し長くなってしまいましたね。

怖くないのかな、と思いました。あなたが全てを賭けて自転車に乗って。それが報われなかったら、努力が全部無意味だって感じないのかなって。もしも、レギュラーになれたとしても、周りが才能の塊みたいな奴らばかりで、自分が足手まといになったら、そのせいで負けてしまったら怖くないのかなって。ずっとずっと練習するって何があなたをそんなに突き動かすのかなって。でも、私気づいたんです。あなたはそんな私が心配することよりも何よりも、IHに出れない方が怖かったんだ。それって、本当にすごくって。失敗とか、恐れとか、そういうものじゃなくて、あなたはずっと前だけを見て、夢だけを追って、そのためにずっとずっとサボらずに自転車に乗ってきたんだなって。本当に誰にでもできることじゃない。私には出来なかったことでした。

練習のモチベーションって、自分だけで出すのは難しいことだと思っています。例えば、前年度の覇者でレギュラー確定みたいな人だったら、みんなからの期待を感じて、それがプレッシャーになって、練習もサボっちゃダメだと思うでしょう。でも、あなたには期待するような人は少なかった。いなかったわけではないし、何よりも大切な相棒である青八木さんもいたことんだけれども、それでもあなたは自分自身でずっとペダルを回してきた。

キャプテンになると、期待度も高まっただろうけれども、あなたはたった1回のカラオケですら、断るような人で。信じられないぐらい真っ直ぐに努力してきたんですね。

待ちに待ったIHでは、いろは坂で山岳を争いましたね。最初からずっときつそうで真波山岳さんは、余裕みたいな感じでした。

誰かの悪口を言うわけじゃないんだけれども、総北も箱学もみんなレギュラーの人たちは、天才みたいに見える。実際天才的だし、なんだか私たちとは違う人間なんだなと感じる時がある。山を登るのが楽しすぎるとか、勝負を楽しんでいることとか、練習もきつそうだけれども、楽しんでいることとか。結局才能があるんだなあと思う時がある。でも、あなたの考え方が本当にとても普通だなって思う時があって。いろは坂で争っている時に、「布団きもちー」と言ったあなたの言葉、親近感というかそうだよねって思いました。疲れたら布団で休むのが1番。そりゃみんな思うだろうけど、なんとなくみんなはずっと自転車のこと考えたりしてて休むこととか考えてなさそうみたいに思っていたから、そうやって、しかもレース中に考えてしまうあなたは本当に普通の人なんだなと思ってしまいました。

そう私が思った、普通のあなたは、あのいろは坂の山岳ラインの手前で立ち止まりました。その数秒前まで、この景色一生忘れないって言っていたあなたが。私はあなたがそんな風に喜んでくれて、努力が報われた瞬間だと思って涙しました。そんな奇跡みたいな瞬間だったのに、数秒後に立ち止まれちゃうんですか。驚いたし、すっごく動揺しました。それは、全然普通じゃないです。かっこ良いことで、ええかっこしい感じすらあるけれども、でもあなたはどこまでも自分に厳しくて、自分の手で山岳を取りたかったんだろうなとも思いました。ここまでしてきた努力が、ちゃんとフェアな形で報われて欲しいし、私もそういった瞬間が見たいとその時思いました。結果的にいろは坂は真波山岳さんが勝者になったけれども、ずっとずっと欲しかった1番を、フェアな状態で自分の手で掴みたいと思う気持ちは、どこまででも真っ直ぐで。そんなあなたの努力が報われる瞬間が来ることを心から祈りました。

杉元くんも途中口にしていたけれども、当たり前のことをやることは難しいです。筋肉があったり、元々才能があったり、自分の走りを貫いたり、他のみんなの色んな走りを見てみんな努力してきたのは知っているけれども、馬鹿にするわけでもなくどこかファンタジーみたいな超技術みたいなそんな風に思っていました。そんな中、あなたは当たり前のことをコツコツとやっていました。カッコいいことが出来るわけじゃない。かっこよくて勝てたらきっとそれは楽しいことでしょう。でも、負け続けてもあなたは自転車に乗っている。辞めようと思ったこともあった。きっとそれは何度もあったんじゃないのでしょうか。でも、それでもあなたは自分自身の選択で自転車に乗っている。自分自身の力で、ひとつひとつ丁寧にやると決めている。それは尋常じゃない心の強さです。そして、そうやって一見地味で、いつもきつそうに自転車を漕いでいるのに、あなたは自転車が好きと言います。それって、本当に本当に本当に自転車に乗ることが好きで堪らないんだと思います。勝つと嬉しいし、突拍子も無いスピードが出て派手でかっこいいのならそりゃ、楽しくてしょうがなくて夢中になるでしょう。そうじゃないあなたが、きつそうでコツコツとペダルを回してるあなたが、自転車が好きと言うのです。どんだけ楽しいんだその自転車ってやつは。ロードってやつは。そう思ってしまいました。私がロードに乗ってみたいと心底思ったのは、あなたのそういうところを見てからでした。

<以降アニメ最新話より先、単行本のネタバレ有>

あなたがそうしていろは坂を僅差で負けた時、倒れそうになって本当に倒れてしまうのではないかと思いました。IH2日目に、悠人君に抜かれた時に、今泉君がキレて、私もちょっぴり不安になりました。そういうところを見ると、やっぱりいつか駄目になってしまうんじゃないかって、そう思いました。でも、仲間に支えられて、ここまで来ましたね。

チーム2人がIHで走ってお得意のボトル渡しを見てる時、既に2人の夢は叶っているんだなと思いました。あんなに心焦がれたIHの舞台で、2人で走っている様子は夢みたいな時間だったでしょう。2年生の時の合宿の時には想像もつかない光景でした。普通のあなたは、きっとそれが出来ただけでももうリタイアしてもいいかなって思いが湧いたときがあったんじゃないでしょうか。

広島とやりあった時も、てっきり青八木さんが勝つのかなと思っていました。でも、2人で信じ合って勝ったのはあなたでしたね。沢山の勝負に色んな人の力を借りながらではあるけれども、でもあなたはあなた自身の足でペダルを回して、そうやって進んで来た。それは紛れもない事実です。

3日目のIHでは、早々にリタイアするのかなと思っていました。ああ、ここでリタイアかなと思っていた時に、進み出したあなたは満身創痍で。嘘だろと思いました。沢山の夢が叶って沢山の勝負をして乗り越えてここまで走って来たあなたは、自分よりも強いと信じている2年生メンバーに託して、もういつ倒れてもいいと思ったんじゃないでしょうか。それでも、前に進めるなんて、気力なのかなんなのか私にはもう分からないぐらいすごくて。根性で走っているあなたのその走りに泣いていると観客も応援していて、心が震えました。きっと誰もがあなたのそのがむしゃらで、でも前に進む、前だけを見ている走りに心打たれたと思います。

<ここから先、単行本以降のチャピオンのネタバレ有>

葦木場君との戦いは、きっと嬉しくてしょうがなかったでしょうね。中学の頃の夢ですもの。あんなにきつくてきつくて登って来ていつ倒れてもおかしくないあなたは、ずっと漕いで漕いで漕いでペダルを回して進んでいましたね。中学の頃から何度も何度も何度も負けたあなたがまだ乗っている自転車は、本当にきつそうででも楽しそうでした。気迫だけで登っているようなそんな光景でした。

知ってますか、坂道って漕がないと進まないんですよ。知ってますよね。でも、それをずっとやっているんですよ。どんなに頑張っても勝てないと思った。私は、何度もあなたはキャプテンだし、平凡だし、キャプテンとしてみんなをまとめられればいいんだろうと思っていました。でも、あなたはずっとペダルを回して進んで来た。

平凡とか普通とか努力とか言いながら出来レースじゃんとか言う人もいるかもしれません。でも、私はここまで来るのにずっと漕いで進んで来たあなたのことをそんな風に嘲笑することなんて出来ません。あなたが進んで来たこの道は、全ては見えないけれども、でもしっかりとあなた自身で進んで来た道で。それを、結局平凡なんかじゃねーんじゃんみたいに笑える人に私はなりたくない。ずっとずっとずっと努力して来たんですね。ここまで。

努力、友情、勝利。違う漫画雑誌のテーマだけれども、あなたはそれを地でやるような人です。そんな人いないです。

いろは坂での勝負を見てから、フェアな戦いであなたが勝利する光景を見たいと思ってました。あなたがきつそうにしたり、大変な勝負をしたりする度に何度も諦めました。でも、私が諦めていても、あなた自身が諦めかけた時もあったかもしれないけれど、結果的にあなたは諦めずにここまで来た。

夢見ていた、祈っていた、その光景は。あなたが山岳のラインを1番でゴールする光景でした。そして、あなたは自分の力で叶えました。

葦木場くんが手を伸ばした瞬間、1日目のゴールの瞬間のことを思い出して、リーチじゃ負けると思いました。でも、あなたはただ前にずっと進んでいたんですね。

ずっとずっとずっとずっとこの瞬間を見たかった。何年も待っていました。感動とかそんな言葉じゃ言い表せられない、ゴールしたあなたが手を広げている姿をずっと想像して、夢見て祈って来たこの数年。でも、誰よりもあなた自身がその瞬間を想像し、夢見たことでしょう。

あなたの夢はあなた自身が叶えたもので、ずっと戦って努力して手に入れたもので、あなたが掴んだものです。

本当におめでとう。そして、ありがとう。こんなに心を震わせてくれて。こんな気持ちにさせてくれて。

自転車を諦めないでくれてありがとう。いろは坂のあの時、倒れないでくれてありがとう。助けてくれた、小野田君ありがとう。ずっと支えてくれてきた青八木くんありがとう。陰ながら応援してくれたライバルの古賀くんありがとう。総北のみんな、先輩ありがとう。一生懸命戦ってくれた葦木場くんありがとう。みんなありがとう。

あなたが掴んだこの勝利は、あなたが手にした努力の結果で、才能が開花した瞬間です。あなたはきっとこれからも自転車に乗るでしょう。もう辞めるなんて言わないでください。ずっとずっとあなたの走る姿を見ていたいです。どんな形でもいいから。でも、誰から言われなくてもきっとあなたはずっと自転車に乗るんでしょうね。あの時辞められなかったから。辞めなかった自転車で、こんな勝利、こんな景色手に入れたら辞められるわけないでしょう。そして、大好きなんですもんね、自転車。

本当におめでとう。

そして、ありがとう。

あなたが見せてくれた奇跡がいつだって私の力になります。勇気を貰っています。

感謝してもしきれません。

本当に尊敬しています。大好きです。

これからもずっと応援しています。

2017年好きだった音楽50曲

2017年好きだった音楽50曲

音楽は最近ほとんどApple Musicで聴いており、その曲含めiTunesに今年追加した曲は2154曲。その中から極力2017年リリースのものをチョイスした。(但し今年本当に何回も聴いたというもので2016年リリースのものもある)

一応、一番下らへんの10曲らへんは本当にすごく好きな曲だけどれども、それ以外は順番に特に意味はない。

今年はあまり音楽を掘っていなく、洋楽のポップスを一番聴いていた。Future Bassの流れを汲んだポップスがこの50曲にはたくさん入っていると思う。

では、50曲(ぐらい)を紹介します。驚くほど長いです。

Continue reading 2017年好きだった音楽50曲

我が家のお茶

最近お茶にハマってるので我が家のお茶についてまとめる。

  • 緑茶

    静岡の緑茶


    彼が購入してきた。詳細は不明。この缶の形状は鈴子缶と言うらしい。多分有名だけれども知らなかった。色も薄めでさっぱりとした緑茶。どんなときにも合う。我が家の今の定番の緑茶。

    夏みかん緑茶(おちゃらか)

    今は飲んでしまってないんだけれども、夏みかんフレーバーの緑茶。→http://www.ocharaka.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=16
    おちゃらかというお茶専門店(日本橋にある)で購入した。本来のお茶の渋みに加えて、ほんのりと夏みかんの香りがするので、とても爽やかな気持ちになれるお茶。おちゃらかさんには沢山のフレーバー緑茶があるので、また買いに行きたい。
    おちゃらか:http://www.ocharaka.co.jp/

  • ほうじ茶

    宇治ほうじ茶(井六園)

    http://www.irokuen-shop.jp/SHOP/199.html
    京都の老舗、井六園のほうじ茶。西武のやや高級デパートに売っていた。1000円くらい。パッケージを開けたとたんに、そこらへんのスーパーで売っているほうじ茶とは件に違うことが、香りだけでわかる。香ばしく深みのある香りが葉っぱから既に漂っていた。実際にお茶として淹れると、膨よかな深みある香ばしさが優しく包んでくれるようなお茶。今の時期に最適。
    井六園:http://www.irokuen-tea.co.jp/

  • 台湾茶

分山紅茶・花蜜(一芯二葉)

西荻窪にあるお茶専門店一芯二葉さんで購入。
その日初めて台湾茶を飲み、美味しかったので、購入。本来は以下のようなお茶のセットで少しずつ飲むもの。

このお茶は淹れたてとその後の匂いがだんだんと変わっていくのも楽しめるお茶。甘みと渋み両方楽しめる。台湾に行きたい。
一芯二葉:http://issin-niyo.forestarium.com/

 

  • 柚子茶

    柚子茶

    カルディで買ったやつ。多分合う合わないがある。柚子の甘さと冬だなあという感じ。

  • 紅茶

紅茶が1番お茶の中で好きだけども、飲み方によって合う合わないがあったり、フレーバーが沢山あるので結構な量持っている。

クォリティ アールグレイ(TWINIGS)


http://www.twinings-tea.jp/products/leaftea/earl-grey.html
多分世界で1番有名な紅茶。誕生日プレゼントにティーポットと一緒にもらったので、これが我が家の初リーフ。それまでは、ティーバッグで済ましていたけれども、やっぱりリーフが良いってなった。アールグレイは、ストレートが主流で飲むものだけど、公式サイトではミルクも合うよって書いてある。紅茶ってこれだなあという感じはする。
TWININGS:http://www.twinings-tea.jp/

イングリッシュブレックファースト(AHMAD TEA)

http://www.ahmadtea.jp/products/classic/detail.html?productGenreCd=1009
我が家の朝の定番。及びミルクティー飲むときは大体これ。イングリッシュブレックファストなので、かなり力強くて濃い味で、やっぱりミルクとの相性が抜群。キリッとしているので目覚めに最適だけれども、ミルクティーで頂くことにより、朝がちょっとした幸福な時間になる。
AHMAD TEA:http://www.ahmadtea.jp/

サバラガムワ(一芯二葉)


一芯二葉さんで購入したミルクティーに合う紅茶。強めな味なので、ほんとミルクティーにとても合う。ミルクティーにしたときにまろやかさと紅茶の優しい香りが、優雅さを生み出す良き一品。
一芯二葉:http://issin-niyo.forestarium.com/

ニルギリ(ROYAL COPENHAGEN)


https://www.royalcopenhagen.jp/products/tea-gourmet/product-tea-and-gourmet-tea-and-gourmet-75ms50
ROYAL COPENHAGENと言えば、紅茶系の食器が有名なブランドだけれども、実はお茶も売っているらしく友人がプレゼントしてくれた。単品で売っているのかは不明。アイスティーにも最適らしいので、是非アイスティーにもしたい。そろそろなくなりそうなので、どこで買っているのか友人に聞く必要がある。
ROYAL COPENHAGEN:https://www.royalcopenhagen.jp/


BLACK TEA 1837(TWG)

https://www.twgtea.com/product/details?code=TCTWG6033
シンガポールの有名な紅茶やさんの最も有名な一品。シンガポールの友達に頼んで買ってきてもらった。匂いがかなり強めなお茶なので、苦手な人もいるかもしれない。ベリーの味や花のにおいがしてなんだか高貴な人になった気分になれるお茶。入れ物がかわいいので、他のお茶も飲んでみたい。
TWG:https://www.twgtea.com/

 

プリンス・オブ・ウェールズ(TWININGS)

http://www.twinings-tea.jp/products/prince-of-wales.html
TWININGSのティーバッグ。かなりスモーキーなお茶。彼が好きで私はそこまで好きじゃないかも。本当にスモーキーなので、夜のほうが合いそうな大人なお茶。
TWININGS:http://www.twinings-tea.jp/

ウェッジウッド ファイン ティー(ティーバッグ)
フルーツフレーバーティーバッグ4種 アソート(WEDGWOOD)


https://www.wedgwood.jp/products/detail.php?product_id=897190
かの有名な憧れの紅茶食器ブランドWEDGWOODの紅茶。ホワイトデーで職場の男性陣よりもらい(写真左)、気に入ったアプリコット(写真右)のみ自分で購入した。フルーツフレーバーはあまり得意じゃなかったんだけれども、アプリコットはかなり気に入っている。爽やかな甘さと紅茶の渋みがとてもマッチしている。WEDGWOOD:https://www.wedgwood.jp/

サクラ(ROYAL COPENHAGEN)

上記でROYAL COPENHAGENのニルギリをくれた友人が、またもやROYAL COPENHAGENの紅茶をくれた。しかも桜フレーバーとな!どこで売っているのかよくわからないし、Amazonじゃもう品切れだけれども、この紅茶は本当に素晴らしかった…。紅茶を淹れたときから香る桜の匂いが春を感じさせる、とてもかわいらしくそして幸せにさせてくれるお茶。春にマストバイ。

ROYAL COPENHAGEN:https://www.royalcopenhagen.jp

テ デ シーニュ – 十二支のお茶 羊(MARIAGE FRERES)


http://www.mariagefreres.com/UK/2-the-des-signes-dreaming-sheep-TJ7MO.html
ずっと憧れだったMARIAGE FRERESで購入した紅茶。4300円でした…。私のは未年だし、色も可愛くて匂いも確かめずに購入。この缶眺めているだけでかなり心が安らぐ…。実際のお茶は華やかな香りで、春に牧場をかけている羊の気分になろうと思いました。そもそもMARIAGE FRERESの紅茶はどれも優雅だと思っていて、自分へのご褒美に最適。都内には何個も店舗があるので、おすすめ。日本では銀座が本店らしいので今度行ってみたい。
MARIAGE FRERES(英語):http://www.mariagefreres.com/UK/welcome.html
MARIAGE FRERES(日本語):http://www.mariagefreres.co.jp/

  • ルイボスティー

    マルコ・ポーロ・ローグ(MARIAGE FRERES)

    http://www.mariagefreres.com/UK/2-marco-polo-rouge-red-rooibos-T636.html
    紅茶は大好きだけれども、夜に飲むとカフェインで眠れなくなる可能性があるので、カフェインレスのルイボスティーをMARIAGE FRERESで買った。これもまた甘みある中に華やかな味で、ルイボスティーらしい雰囲気はあるけれども、眠る前のささやかな楽しみになるお茶。
    MARIAGE FRERES(英語):http://www.mariagefreres.com/UK/welcome.html
    MARIAGE FRERES(日本語):http://www.mariagefreres.co.jp/

  • ハーブティー

    こちらは1つずつのリーフの紹介はそれほどしないけれども、いつかこのブレンド好きだったという記事をかけたらと思う。
    ハーブティーのリーフはいつも生活の木で購入してる。ブレンドされているハーブティーって大体高価だけれども、ここのシングルのリーフは大体が350円くらいなので買いやすい。オンラインでも届くのは早いし便利。
    ※ハーブティーは副作用もあるので調べてから飲むのが良い(特に妊娠中)
    生活の木:https://www.treeoflife.co.jp/

    カフェインもないし、寝付きも良くなりそうな気がするから、大体寝る前に飲んでいる。ブレンドは適当。自分で考えて混ぜるのが楽しい。

    今持っているリーフ

    ・ラベンダー…皆知ってる安らぎの香り
    ・ペパーミント…加えるとスッキリした味になる
    ・ローズヒップ…なんか有名で美容効果とかよく言われる
    ・ダンデリオン…デドックス効果あるらしい
    ・リコリス…甘みがあるので味に心配なときに加えてるけど、加えすぎると良くない
    ・エルダーフラワー…風邪とかに良さげ
    ・ネトル…風邪とかに良さげ
    ・レモングラス…レモン系必要だよなと思って買った
    ・マロウブルー…色が変わることもあるしおしゃれ
    ・ヒース(エリカ)…そもそも可愛いので買った
    ・ラベンダーリーフ…女性に優しい
    ・ローマンカモマイル…カモマイル系多くてよく分かってない
    ・タイム…料理にも使えそうで買った
    ・カモマイルジャーマン…めちゃくちゃ頻繁にブレンドに出てくる万能薬
    ・ローズマリー…集中力あがるらしい
    ・リンデンフラワー…花系はなんとなくすぐに買ってしまう
    ・バレリアン…睡眠改善
    ・アイブライト…目の疲れに良いらしい
    ・ハイビスカス…よく出てくる
    ・パッションフラワー…睡眠改善
    ・メドウスイート…頭痛に効きそう
    ・オートムギ…ストレスに良いっぽい
    ・ジャスミン…ジャスミンティーが好きなので買った
    ・オレンジブロッサム…お気に入り、ハッピーになれる

    箱にまとめて入れている。お気に入りのブレンドができたら、瓶にまとめて入れたい。

2016まとめ

  • 音楽今年はポップスをメインに聴いてた

    The Chainsomkers
    今年といえば、この人達かと。メロウでクール、そして何度も聴きたくなる…

    AlunaGeorge
    今年のアルバム”I Remember”はめっちゃ良かった。AlunaGeorgeらしさもありつつ、ラッパーとコラボしているものも多いので、そのバランスが良かった。

    Ariana Grande

    このアルバムも相当良かった。

    Fifthe Harmony
    今年と言えば!

    Dean Fujioka

    Yuri!!! on Iceの主題歌

    Machinedrum
    Machinedrumがこんな曲を出すようになるとは。器用すぎる。アルバム全体としてすごくよかった。

    NKC
    ゴリゴリのノレるテクノ

    813

    やっぱり813のメロディーは何度も聴きたくなる

  • 映画

    今年は結構映画を観に行った。

    シン・ゴジラ
    最高。何度も観たくなる。日本頑張れという気持ちになった。観てて励まされる。

    君の名は。
    元々の新海ファンの自分としては、さほど。でも、絵が綺麗だった。

    PA
    インド映画。宗教というインドでは難しい題材を扱いつつ、平和な気持ちになる。

    ファンタスティックビースト
    元々のハリー・ポッターの映画よりも良かったんじゃないか!?と思う。原作ファンなので、映画だと詰め込んだ感があったので。映画のために作られた話なのでバランスが良い!

    ローグワン
    あんまり期待してなかったけど、良すぎてまだ興奮冷めず。
    ダースベイダーのかっこよさに痺れたし、スター・ウォーズの4を観る目が変わる。
    最後本当に号泣だった。

  • アニメ・漫画

    今年はハイキュー!!にハマった。あと引き続き弱虫ペダルを見返したり。
    楽しみにして観ていたアニメは、Yuri!!! on Ice。やっぱり熱いアニメは良い。
    あとハンターハンターの最新刊があまりにも面白すぎてやっぱり描けば天才だと思った。ゆっくりでもいいから描き続けてほしい。

  • 英語

    今年は、Youtubeで色々な動画を観て日常に英語が溶け込んできた感じだった。点数がやっと860点になりました。

  • ボードゲーム

    別記事でまとめました。こちら。 

  • 日常他

    ・バレーボールサークルに入りました!約10年ぶりのバレーでまだまだ下手だけど、楽しい仲間に恵まれてできるバレーは楽しい!でも、秋に怪我。少しずつ筋力つけて戻さねば。
    ・仕事がつらすぎてつらい年だったけど、ようやく異動できて楽しい毎日。前の現場の同僚が好きすぎて、時々会いたい。

    ・あんまりおでかけできてないかも。ボドゲやりすぎた!笑

    来年はもっとおでかけもしたいけど、ボドゲもやりたいな〜!

Fishery<ボドゲ紹介 Advent Calendar 2016>

こちらのボードゲームアドベントカレンダーに参加させて頂きました。
ありがとうございます。

神ゲー中の神ゲーであるパンデミックイベリアをご紹介する予定でしたが、普通に被っていたので、このゲームにしました。


皆さんは、アブストラクトゲームというボードゲームジャンルをご存知でしょうか。
アブストラクトゲームとは、運要素を一切含まないゲームのことをいい、将棋やチェスやオセロ等もアブストラクトゲームの一種です。かなり頭を使いますし、盛り上がるようなものでもないので、ゲーム会などではあまりプレイされておらず、ちょっと寂しく思っている次第です。

そんな中、アブストラクトゲームばかりをやるボードゲーム会に先日参加させて頂き、プレイしたゲームでも1番気に入ったのが、Fisheryです。先日のボードゲームマーケットでも販売されていましたので、購入しました。作者の土井さんとは、直接対決はできませんでしたが、私の初Fisheryプレイを観戦なさっていて、「あの時こうしていれば勝てた…!」とアドバイスまで頂きました。ありがたや…!


Fishery -ルール-

プレイ人数:2人
プレイ時間:30分ほど

概要:限られた海の中から、自分の船で漁が出来る範囲を多く手に入れた方が勝ちという陣取りものです。囲碁に近い感触があります。

盤面はこの9×7のマスが書いてあるものです。
img_6646

①船の配置
船の駒を先手、後手と交互に空きマスに置いていきます。
img_6648

②網の配置
船を全て置き終わったら、先手、後手と交互に網の駒を線上に置きます。
img_6653

基本的にこれだけです。

但し、網の配置には決まりごとがあります。
網と盤上の端の線で区切られた部分を漁場と呼びます。
漁場は以下のような作りになっていなければなりません。
・全ての漁場には、船が1隻以上配置されていなければならない
・盤上の端の線は、港となっているので、全ての漁場の船は港に辿り着けるようになっていなければならない

よって、こういった手はNGです。
img_6650

img_6679

 

ゲームの終了と得点方法:
全てのプレイヤーがパスすると終了します。

獲得した漁場が広い(マスの数が多い)プレーヤーの勝利。
1つの漁場内に複数の船が配置されている場合は、船をより多く配置しているプレーヤーの漁場となります。(同数の場合は、どちらの漁場にもならない)



好きなところ

すごーーーーーーーーーーーーーーく頭を使いますが、何も条件がない囲碁等よりは、若干相手の手が読みやすいところがあります。船を港にたどり着けるようにしなければならないだとか、船がいない漁場を作っちゃいけないというルールが、打てる手を限定的にしてるというわけです。それを紐解いて行くのがとても楽しいです。

例えば、このような読み合いになります。白が私、対戦相手が黒です。
img_6673
上記は、対戦相手の黒が上から5、右から2の線上に網駒を置いた場面です。
左半分はもうすでに決着しており、右半分の領地争いとなっています。
この時、黒側はおそらく上から6マス目右から2マス目の白船を囲い込み、
黒側の領地を多くしようという魂胆だったかと予想されます。

詳しく説明すると以下のとおりです。
実際には、右下の白側の領地はほぼ決定したに近いので、下記のように白の領地の広がりを抑えるといった手です。
img_6673-1
ピンクが実際に置いた網駒、黄色は今後網駒をこのように置き、白の陣地をこの範囲におさめておきたいという線を示しています。
もしも本当にこの黄色の範囲で網駒が置かれた場合は、上の方の陣地は黒船が多いので黒船が陣地を取れそうな感じがしてきますよね。

このままではまずいということに、白側はなります。
そこで私はこういった手を打ちました。
img_6675
白の網駒を上から6、右から1のこの位置に置いたわけです。
これにより、右下の白の陣地を広げつつ、相手の思い描く陣地構成になることを防ぎました。
上から6マス目右から2マス目の白船が、港にたどり着くために、得られる領地ができそうだということです。

詳しく説明すると以下です。
img_6675-1
ピンクが実際に置いた網駒、黄色は船が港にたどり着く経路を示しています。
水色は右下側の白の領地を広がりの可能性を示しています。

こういった読み合いがずっと感じられるのが、このゲームです。

最終的にはこのような形で勝利しました。
(ブログを書くために早打ちした為、あまり良い感じではなさげなのはご勘弁ください…)
img_6681

私は、囲碁も将棋も全然得意ではなく、アブストラクトゲームも得意ではありません。でも、なぜ好きかというと、考えるのが楽しいのです。考えて考えてもよくわからなかったり、上手い手は出てこないこともありますが、結局色んなパターンを考えるという感じなので、練習だったり時間をかけて考えたりすると、これがこうなってこうなってと、パズルみたいに脳みそで考えられるときがあります。それが上手くハマって相手をうならせるような手が打てたときがとても楽しいです。

Fisheryも、全然勝てないのですが、少しでも多くの人にこの楽しみを味わってほしいと思い、今回はこのゲームを選びました。

シンプルですが、本当に頭を使うゲームなので、勝てたときの喜びはとても大きいし、負けたときの悔しさもとても大きいです。

時には頭脳戦でストイックなボードゲームもプレイしてみては、いかがでしょうか?

以上、Fisheryでした!

<参考リンク先>
アブストラクトゲーム博物館 …ルールなどが日本語で確認できます
nestorgames …購入ができますが、海外輸入となります。他にも面白いアブストラクトゲームがあるので、購入してみてください。

その他の購入経路としては、ゲームマーケットにて「アブストラクトゲーム博物館」にて販売している場合がありますので、ぜひ!

<和訳>ヌテラ・クランチ・ケーキボール

以下のページののレシピ部分の和訳です。

Nutella Crunch Cake Balls

 
留意点:
ヘーゼルナッツを焼き、皮を剥ぐ為に、ヘーゼルナッツをベーキングシートまたはオーブン用のプレートに並べ、170~180度ぐらいで12〜15分ほど焼きます。
5分ごとに転がしましょう。ヘーゼルナッツのにおいがしてきたらOK。皮がひび割れて、つやつやしてくるでしょう。
オーブンから取り出し、キッチンタオルでナッツをくるみ、5〜10分ほど冷まします。
その後、キッチンタオルでナッツをきつく包み、勢い良く握ります。皮はほとんど取れ、粉々になるでしょう。

準備において重要なのは、ケーキボールを作ることです。
以下のものも準備しておきましょう。
カットされたクッキングシートを敷いたオーブンプレート、スプーンで掬ったケーキボールを乾かすためのクッキングシート、キャンディーコーティングのための電子レンジOKのボウル、スプーン、フォーク、爪楊枝。

ヌテラクランチケーキボール
(3ダース(36個)分)

材料

ケーキ用:
スポンジケーキミックスの作り方に沿って作ったチョコレートケーキ
(もしくは、あなたのお好みのチョコレートケーキの寄せ集め。でも私は、ケーキミックスで作ったものがこのレシピには合うと思うわ)

アイシング用:
バター(柔らかいもの) 1/4カップ
ヌテラ もしくは チョコレートヘーゼルナッツのスプレッド 1/2カップ
バニラ 小さじ1/2
粉砂糖 1/2カップ
牛乳 小さじ1-2 (※厚めのアイシング場合のみ必要)

仕上げ用:
板チョコレート(chocolate candy coating (もしくはalmond bark)の1パッケージと記載がありましたが、日本なら板チョコ3枚くらいかな?)
ヌテラもしくは チョコレートヘーゼルナッツのスプレッド 大さじ1
焼いて砕けさせたヘーゼルナッツ 1/4カップ
 
作り方

ケーキ:
ケーキミックスの手順通りに、33センチ×22センチのスポンジケーキを焼きます。
完全に冷まします。
 
アイシング:
ヘラを使い、ミキサーにバターとヌテラとバターを入れ、滑らかになるまでよく混ぜます。
バニラも入れ、よく混ぜます。
慎重に粉砂糖を入れ、底のほうでよく混ぜます。
この時点で、アイシングを厚くしたい場合は、牛乳を入れます。
これは店で買うようなアイシングやチョコレートガナッシュのように、柔らかくするために必要な過程です。

ケーキボール:
ワックスを塗ったベーキングシートもしくはクッキングシートを切り、オーブンプレートに敷き、準備しておきます。
 
フォークを使って(または手で)ケーキをちぎって、ケーキのかけらを大きめのボール等に入れていきます。
アイシング約半分をケーキのかけらにかけていきます。
この生地が、Play dohのように(※粘土のおもちゃ)崩れずに丸められそうか試します。
試した結果を見て、必要な分だけアイシングを加えます。
その後、最低30分冷蔵庫で冷やします。(前日の夜から冷やしておいても可)こうすることで、丸めるのが楽になります。
手を使い丸めて、3センチほどのボールを作り、ベーキングシート(もしくはクッキングシート)に置いていきます。
終わったら、冷凍庫に30分ほど入れ冷まします。(ここの手順はなくてもOKですが、ボール形を保ち、チョコレートが中に入り、コーティングがこぶだらけになるのを防ぐには、ここで冷やしておいた方が良いです)
  
ケーキボールを冷やしている間に、板チョコレート半分を小さいボウルに入れ、電子レンジで温めます。溶けるまで30秒毎に混ぜます。
ようやくチョコかけの時!
ケーキボールのコーティングは芸術です。ケーキボールの見た目が完璧じゃなくても、気にすることはありません。練習が必要なのです。
私の場合は、何度も試して成功する方法を見つけることができました。見た目が悪くても、味は魔法のよう。約束するわ。
ケーキボールをチョコレートを溶かしたボールに入れ、スプーンを使ってコーティングしていきます。
フォークを使ってケーキボールをチョコレートソースから引き上げ、 ボウルの縁を叩き余分な部分を除きます。
爪楊枝を使い、優しくベーキングシート(もしくはクッキングシート)の上に戻します。
気をつけてほしいのは、ケーキボールの底のほうから押し戻すということ。そうすることで、コーティングを崩さずに済みます。

全てのケーキボールのコーティングが終わり、コーティングが乾いたら、板チョコレートを半分くらい(原文は1ブロック)溶けるまで電子レンジで温めます。
それを大さじ一杯のヌテラとかき混ぜます。
ビニール袋にそのソースを入れ、ビニール袋の角を切ります。
ビニールから2、3回ケーキボールにソースをかけ、砕いたヘーゼルナッツをチョコが乾ききる前に散らします。
 
完全に乾かし、チョコレートソースの余分な部分を取り除き、キャンディーカップ(もしくはミニマフィンカップ)によそって、振る舞いましょう。

受け入れるということ

私は特発性過眠症という病気を患っています。特発性過眠症とは→wikipedia

要するに夜どんだけ眠っても昼間眠くて眠くて耐えられない病気です。有名な過眠症にナルコレプシーがありますが、これの判定の中にあるものに当てはまらない場合この病気と判定されることがあります。

私がこの病気という判定を受けるまでには8年ほどかかっています。この病気はあまり知られておらず、お医者さまでも専門の方しか知りません。またこの病気は治りません。

私は中2ぐらいまで22時には寝る生活をしており、受験生になった中3くらいから0時ぐらいに寝る生活になり、そこから昼寝が多くなりました。高校は5時半起きだった日もあり、授業中はほとんど寝てました。しかし、それは故意に寝てる授業もありましたし、いつの間にか寝てる授業もありました。そして受験生となった高3の時、模試でも起きていられないことがありました。受験勉強のために朝8時に塾に行き、夜8時ぐらいまで塾にいましたが、勉強できたのは5時間くらい。一応補足しますが、きちんと受験に対するやる気もありました。しかし、本当に起きられませんでした。特に苦手だったのは長文読解で読んでいると手が止まるのでいつの間にか寝てました。そのせいで秋の模試で寝てしまいショックでパニックになり過呼吸になったりしていました。その頃病院にも行ったのですが、ナルコレプシーの判定が出なかった為病気ではないという診断をされました。よって、大学受験のセンター試験では薬局に売ってあるカフェインが沢山入った眠気止めを飲んで受けました。割と眠らずに受けれたと思います。
その後大学に入り、大学の授業も起きれずに先生から「Must not sleep」と言われたり、「あなたは就職できない」と言われたりもしました。ニュージーランドに留学した時はホストファミリーと暮らし規則正しい生活をした為、毎日8時間睡眠でしたが授業で起きれずに、他の留学生に笑われていました、

それでもなんとか就職したものの、現場が暇だったのもあり、眠りまくるため、病院に行きました。この時はむしろ病気と判定されなければ、自分の怠惰だということになってしまう。病気だとわかれば薬も飲めるだろうし…と思っていました。

そこで、日本で最も睡眠に詳しい病院の1つである代々木にある睡眠総合ケアクリニックに行き、「終夜睡眠ポリグラフ検査」を受けました。これ、30,000円する検査で夜20時から翌日6時くらいまで夜間の睡眠の状態を見る検査です。顔とか頭になんかセンサーつけられる。

そのあと検査名は忘れましたが、きちんと夜間の睡眠が取れている状態で、昼間横になってどのくらいすぐに眠ってしまうかの検査としました。4セットやったけど、大体10分くらいで眠ってました。

この2つの検査により、特発性過眠症だと診断されました。
職場では先輩に怒られたり上司に相談したりして、今は理解がないわけではないです。仕事中に居眠りをしていてよいと思ってるわけではないけれど、なんというか理解を得られないと嫌味とか悪口言われたりするのでつらい。同じ会社の別の方でナルコレプシーの方がいるんですが、私より居眠り量が多く、病気だと皆知ってるのに「寝すぎでしょ恥ずかしい」とか悪口言ってる。私は何とも言えないなあと思うのですが。

そこで、なぜこんなことわざわざ書いたのかと言うと、やはり理解されないってつらいことだと思います。特に「眠れない病気」ならまだ分かるけど「眠ってしまうか病気」ってなかなか難しい。仕事中に眠いって誰でも感じたことあってそれを我慢して頑張ってるのに、病気って甘えじゃない?と思われることもある。

でも本当に無理な時は無理。私は薬も飲んでいますが、それでも眠ってしまうときもあります。コーヒー飲んでも眠ってしまうときもあります。うとうとしたら立ち上がって顔を洗ってこいと言われますが、うとうとして葛藤する時間がほぼない。気づいたら寝てる。そんな感じです。

この病気の人は周りの理解が得られずにうつになってしまう方も多いと聞きます。病気なのに自分でも「甘え」なのではと考えて自分を追い詰めてしまう人もいます。

勿論ら病気だもいうことに甘えて自分で努力しないのは違うと思います。定期的に通院して、薬も飲んで、毎日きちんと夜は睡眠を取る。眠い時は歩いたり何か飲んだりする。
ただ、この病気になってから思ったけど、人と違うことって誰にでもある。あの人は皆と違う!おかしい!って追い詰めるのって何だか違う気がする。病気だけじゃなく。あの人が〇〇してるのは何か事情があるのかも。あの人が△なのは何かがあるのかも。そうやって自分とは違う人のことも受け入れていくのが大切なんじゃないのかなあと思います。

こだわりがあって許せないことがあるのも分かりますが、もっと色んな人の色んな部分受け入れて、かっかしないで生きていけたら、皆しあわせなのになあ。
因みに今回は運転免許の更新の際のアンケートで、「日中活動中に眠ってしまうことがある」というものに〇をした為、診断書をもらってくるよあに言われ、病院に来たら検査を受けてもらってオッケーじゃないと診断書は書けないと言われた為検査を受けています。

覚醒維持検査というものでこれも30,000円。高い。内容は、暗がりの中ベッドの上にある座椅子に座って約45分×4セットやりどのくらい起きていられるか測定するもの。

これって免許更新するたびに受けなきゃいけないんだろうか…(遠い目)

昔は眠ってしまう自分を責めていましたが、今はなるべく受け入れて責めたりしないように心がけています。心まで壊れたら大変だもの。そうやって色んなこと受け入れていけたらなあ。

私とPerfume

2015年12月12日土曜日。こたつで暖を取りながらMacbook Airを開いた。何か聴きながらブログでも書くかとYoutubeにアクセスすると「あなたへのオススメ」にPerfumeの動画が出てきた。のっちのベルトが取れてしまうけれどそのまま踊り続けるというものだ。なんとなく気になったので観てしまった。Perfumeの動画を観るのは久しぶりだ。Pick Me UpのMVが出た時以来だと思う。その流れでなんとなく避けていたSTAR TRAINのMVを観た。正直楽曲を聴くのも初めてだった。

 

私とPerfumeが出会ったのは、私がまだ高校3年生だった冬だ。受験勉強も佳境に差し掛かっていたときに、勧められてハマった。受験生だった私にDream Fighterは響いた。大学生になって初めて行ったアーティストのライブがPerfumeの直角二等辺三角形ツアーの大阪城ホールだった。2009年10月10日。あまりも感動的だったのでメールアドレスにして、Perfumeが言った「夢を絶対に諦めないで」という言葉を忘れないようにした。そのあとTwitterでPerfumeクラスタの人と仲良くなり、オフ会にも参加しファンクラブにも入り何度もライブに行った。

しかし、その後Perfumeクラスタから離れて私とPerfumeの距離も開いてしまった。PerfumeもPerfumeクラスタも何も嫌いになっていない。けれど、私はPerfumeのおかげで世界を知った。クラブミュージックを知り、大きな世界へと飛び込んだ。沢山の音楽と時間を過ごした。沢山の人と時間を過ごした。シングルもSweet Refrainはレンタルしてしまった。ライブDVDも買ってない。最後に行ったライブはLEVEL3のライブだ。

映画が出たのは勿論知っていた。Twitterでは友人がライブに行って映画が最高だったことを語っていた。

今の私はPerfumeの映画を観ていいのか?と自問していた。なんとなく観ることに抵抗があった。ごめんね、という気持ちがあった。今の私はPerfumeに何もしていないよ、それなのにPerfumeが頑張っている姿を観て泣いて「素晴らしい映画だった」なんて手を叩いて勝手に感動してそんなのでいいのかと。Perfumeに元気を貰うだけ貰って自分は何もしないのかと。

それだけではない。私は今年に入ってから音楽ともアニメとも人ともTwitterとも全てと距離を取っている。自分の生活と自分の将来を考えて今を生きるのに精一杯だ。特に私の去年は散々だったと思う。大切な人を傷つけて色んな人に罵倒されてていただろう。その傷跡は今も感じるし、そのせいで生活が沢山変わってしまったと思う。極めつけに仕事でもつらいことがあった。上司が言った「それでも常に前を向いていなくちゃいけない」という言葉がズンと心に突き刺さる。

私の心はぐちゃぐちゃで何も頑張れていなくて日々の生活を穏やかに過ごそうとそれだけに集中した結果、沢山の好きなものを置き去りにしてしまっている。少しずつ削ってお金だって貯めなきゃと思い、今日までSTAR TRAINを買っていなかった。

そんな中で聴いたSTAR TRAINだった。私にはこんなに色んなことがあって、初めてPerfumeに会ったときとだいぶ変わってしまった。それなのに、彼女たちは。彼女たちは変わらずに真っ直ぐで、変わらない輝きでそこにいた。ああ、私がダメダメだったこの数年も彼女たちは輝き続けて頑張り続けてきたんだなと思うと、涙がこぼれていた。そして、サビの歌詞が歌われたとき私の心臓をぎゅっと掴まれた気持ちなった。

” I don’t want anything いつだって今が 常にスタートライン”

なんてことを歌うの。こんなに頑張っているのに何もいらないなんて歌うの。ここまで来ているのに、まだスタートラインなんて歌うの。あまりにも純粋無垢で眩しすぎて自分が恥ずかしくなってつらくなってしまった。

私はいつだって何かを欲して、我儘で傲慢で嫉妬深くて悲しんでいて人に求めていた。気づいて悔やんで自分を責めて、責めることで満足して、過去に囚われていた。

それでも、いやだからこそ、彼女たちは私の背中をまた押してくれた。2009年10月10日のように。悩む必要なんて何もない。また会いに行けばいい。変わってしまってもいい。失敗してもいい。愛は人それぞれで、私だってまたスタートラインに立っただけだ。

まだ映画は観れるのだろうかと調べたらまだやっているところが数か所あった。明後日はちょうどお休みをいただいている。遅くなってごめんね、会いに行くよ。

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

心はどこにあるのだろうと思った。ふと、顔をあげるとサラリーマンが吊革につかまっている。ガタンゴトン、と揺れる電車からは壁しか見えない。突如として現れた日常は少しだけ遠く思えた。

目線をiPhoneに向けるとそこにはその世界があった。灰色に飲み込まれていく。日常から再び画面の中に吸い込まれる。電子文書になっても小説の世界に自分がいるような感覚は変わらなかった。その世界では、人間以外の生き物がほとんど息絶え、ほとんどの人間は火星に住んでおり、人間そっくりのアンドロイドが自由を求めていた。

心はどこにあるんだろうと思った。人間が持つとされる心は一体何なんだろうか、と。

広大な宇宙のほんのかすかな点ほどの地球に住む我々はただの生物でしかない。自分が人間であるから人間は特別であるように感じるが、単なる生物でありいつかは死に絶えていく。他の生物のように。星が生まれて消えていくように。その人間の内部にあるとされる心は本当に特別なものなのだろうか。その世界の人間はどうやらそのように思っている節があった。しかし、人間の仕組みというものはきちんとしたプログラムのようなものが脳にあるのだ。では、アンドロイドは?

少し怖くなった。自分の心が信じられなくなりそうだった。ガタンゴトンと揺れる電車で自分だけ置いてきぼりになっていく。皆が当たり前のように会社に向かっている。

アンドロイドは冷酷だった。そしてあまりにも人間らしさがあった。私はアンドロイドのレイチェルを思った。”自分がアンドロイドだと分かって生きるのはどんな気持ちだろう”。そう考えると寒気がした。私にはわからない。自然に作られたものと、それを再現した人工物の違いが。まるで心は神様がくれたもののようにどこかで感じているのかもしれない。

アンドロイドは、どうやら共感が難しいらしい。誰かがどう思うだろうとか、自分がその立場だったとしたら同じように思うだとか、そういったことを考えられない様子だった。よくある”他人の嫌がることはよしましょう”のようなことが不可能だった。

私には人工物より自然に作られたものが尊いと感じるこの気持ちがわからない。完全に人間を再現したらそれは人間じゃないのか。何が違うんだ。それでも、アンドロイドの気持ちを考えるととてつもなくつらい気持ちに襲われる。

きっと我々は心が”作られたもの”だと思いたくないのだ。心とは自然に湧き上がるような絶対不可侵の操れないものであり、だからこそ大切なものなのだ。それが、作られるようなことがあってはならない。作られてしまったらそれは人を操れることになってしまう。そんなことがあってはならない。人間の自由が奪われてしまう。きっとアンドロイドもそれがわかっていた。

“感じる”という安心感が感じられないアンドロイドの胸の内はどんな様子なのだろう。心がなかったことがないからわからない。心がないことはひどく恐ろしい。死んだときどうなるのかと考えるのと似ている。

電車を降りた。人間らしく人間でいるため今日も働くか、と会社へと歩き出した。雨が降っていた。ああ、雨は嫌だなと思い傘をさし、ふとアンドロイドのことを思い、涙した。この涙一滴は私の心から流れ出た一滴のような気がした。

私の心はここにあった。



そして、アンドロイドが電気羊の夢を見るかどうかはわからない。アンドロイドは私が涙することもわからないのであろう。例えアンドロイドだったとしたらどう感じるのだろうかと考えてつらくなっても、アンドロイド自身がそれをしない。皮肉にも、”アンドロイドだったとしたらそれはつらかろう”と感じることこそが、アンドロイドと人間の違いを浮き彫りにしていた。

しかし、本当にそうだろうか?本当にアンドロイドは共感できないのだろうか。私は、アンドロイドに電気羊の夢を見て欲しかった。

私がアンドロイドだったら電気羊の夢を見たい。私の心がそう言っていた。