Fishery<ボドゲ紹介 Advent Calendar 2016>

こちらのボードゲームアドベントカレンダーに参加させて頂きました。
ありがとうございます。

神ゲー中の神ゲーであるパンデミックイベリアをご紹介する予定でしたが、普通に被っていたので、このゲームにしました。


皆さんは、アブストラクトゲームというボードゲームジャンルをご存知でしょうか。
アブストラクトゲームとは、運要素を一切含まないゲームのことをいい、将棋やチェスやオセロ等もアブストラクトゲームの一種です。かなり頭を使いますし、盛り上がるようなものでもないので、ゲーム会などではあまりプレイされておらず、ちょっと寂しく思っている次第です。

そんな中、アブストラクトゲームばかりをやるボードゲーム会に先日参加させて頂き、プレイしたゲームでも1番気に入ったのが、Fisheryです。先日のボードゲームマーケットでも販売されていましたので、購入しました。作者の土井さんとは、直接対決はできませんでしたが、私の初Fisheryプレイを観戦なさっていて、「あの時こうしていれば勝てた…!」とアドバイスまで頂きました。ありがたや…!


Fishery -ルール-

プレイ人数:2人
プレイ時間:30分ほど

概要:限られた海の中から、自分の船で漁が出来る範囲を多く手に入れた方が勝ちという陣取りものです。囲碁に近い感触があります。

盤面はこの9×7のマスが書いてあるものです。
img_6646

①船の配置
船の駒を先手、後手と交互に空きマスに置いていきます。
img_6648

②網の配置
船を全て置き終わったら、先手、後手と交互に網の駒を線上に置きます。
img_6653

基本的にこれだけです。

但し、網の配置には決まりごとがあります。
網と盤上の端の線で区切られた部分を漁場と呼びます。
漁場は以下のような作りになっていなければなりません。
・全ての漁場には、船が1隻以上配置されていなければならない
・盤上の端の線は、港となっているので、全ての漁場の船は港に辿り着けるようになっていなければならない

よって、こういった手はNGです。
img_6650

img_6679

 

ゲームの終了と得点方法:
全てのプレイヤーがパスすると終了します。

獲得した漁場が広い(マスの数が多い)プレーヤーの勝利。
1つの漁場内に複数の船が配置されている場合は、船をより多く配置しているプレーヤーの漁場となります。(同数の場合は、どちらの漁場にもならない)



好きなところ

すごーーーーーーーーーーーーーーく頭を使いますが、何も条件がない囲碁等よりは、若干相手の手が読みやすいところがあります。船を港にたどり着けるようにしなければならないだとか、船がいない漁場を作っちゃいけないというルールが、打てる手を限定的にしてるというわけです。それを紐解いて行くのがとても楽しいです。

例えば、このような読み合いになります。白が私、対戦相手が黒です。
img_6673
上記は、対戦相手の黒が上から5、右から2の線上に網駒を置いた場面です。
左半分はもうすでに決着しており、右半分の領地争いとなっています。
この時、黒側はおそらく上から6マス目右から2マス目の白船を囲い込み、
黒側の領地を多くしようという魂胆だったかと予想されます。

詳しく説明すると以下のとおりです。
実際には、右下の白側の領地はほぼ決定したに近いので、下記のように白の領地の広がりを抑えるといった手です。
img_6673-1
ピンクが実際に置いた網駒、黄色は今後網駒をこのように置き、白の陣地をこの範囲におさめておきたいという線を示しています。
もしも本当にこの黄色の範囲で網駒が置かれた場合は、上の方の陣地は黒船が多いので黒船が陣地を取れそうな感じがしてきますよね。

このままではまずいということに、白側はなります。
そこで私はこういった手を打ちました。
img_6675
白の網駒を上から6、右から1のこの位置に置いたわけです。
これにより、右下の白の陣地を広げつつ、相手の思い描く陣地構成になることを防ぎました。
上から6マス目右から2マス目の白船が、港にたどり着くために、得られる領地ができそうだということです。

詳しく説明すると以下です。
img_6675-1
ピンクが実際に置いた網駒、黄色は船が港にたどり着く経路を示しています。
水色は右下側の白の領地を広がりの可能性を示しています。

こういった読み合いがずっと感じられるのが、このゲームです。

最終的にはこのような形で勝利しました。
(ブログを書くために早打ちした為、あまり良い感じではなさげなのはご勘弁ください…)
img_6681

私は、囲碁も将棋も全然得意ではなく、アブストラクトゲームも得意ではありません。でも、なぜ好きかというと、考えるのが楽しいのです。考えて考えてもよくわからなかったり、上手い手は出てこないこともありますが、結局色んなパターンを考えるという感じなので、練習だったり時間をかけて考えたりすると、これがこうなってこうなってと、パズルみたいに脳みそで考えられるときがあります。それが上手くハマって相手をうならせるような手が打てたときがとても楽しいです。

Fisheryも、全然勝てないのですが、少しでも多くの人にこの楽しみを味わってほしいと思い、今回はこのゲームを選びました。

シンプルですが、本当に頭を使うゲームなので、勝てたときの喜びはとても大きいし、負けたときの悔しさもとても大きいです。

時には頭脳戦でストイックなボードゲームもプレイしてみては、いかがでしょうか?

以上、Fisheryでした!

<参考リンク先>
アブストラクトゲーム博物館 …ルールなどが日本語で確認できます
nestorgames …購入ができますが、海外輸入となります。他にも面白いアブストラクトゲームがあるので、購入してみてください。

その他の購入経路としては、ゲームマーケットにて「アブストラクトゲーム博物館」にて販売している場合がありますので、ぜひ!

Advertisements

パンデミックレガシー(ネタバレ無)

Board gameレビュー1月4週目。
まとめはこちらから。
https://ohanachann.wordpress.com/weekly-board-game-review/

今回はパンデミックレガシーを選択。


パンデミックレガシーは前回レビューしたパンデミックを元としたゲーム。なんと1度しか遊べない。1度と言っても通常のパンデミックを最低12回分やってそれでストーリーが進んでいくゲームである。そのゲーム制により今回はレビューをネタバレ有と無に分けて書こうと思う。しかし、ネタバレ無でもゲームの仕組みについては説明するので何も知らない状態でプレイしたい人は読まないことを勧める。


  • ネタバレ無レビュー↓↓

Continue reading パンデミックレガシー(ネタバレ無)

パンデミック

Board gameレビュー1月3週目。
まとめはこちらから。
https://ohanachann.wordpress.com/weekly-board-game-review/

今回はパンデミックを選択。


パンデミックは協力ゲームとしては1番有名なのではないかと思う。プレイヤー同士が争うのではなく、プレイヤー全員で協力して勝利するか、敗北するかどちらかのゲームである。


  • ルール
    パンデミックは病原体が4種類あり、その治療薬を4種類全て作ることが目的のゲーム。
    敗北状況は以下の3つ。
    ①アウトブレイクが8回起きる
    ②プレイヤーカードの山札が尽きて引けなくなる
    ③病原体コマが足りなくなるボードは世界地図になっており、各主要な都市が記載してある。
    IMG_3873病原体のコマ
    IMG_3874準備として、感染カード(各都市が書いてある)の山札からまず3枚引き、そこの都市には都市の色の病原体を3つ置く。次にまた3枚引き、次は病原体2個。更にまた3枚引き、次は病原体1個。

    感染カード
    IMG_3877

    そして、プレイヤーはプレイヤーカード(こちらも各都市が書かれている)を引き、手札を所有。

    プレイヤーカード
    IMG_3875

    このようにある程度病原体が流行り始めた状態からスタート。

    まず、自分の手番で4アクション行える。アクションは以下から選べる。
    ①移動(1アクションで1マス移動/基地から基地へは1アクションで移動可能)
    ②治療(1アクションで1病原体を治療[病原体を取り除く]/ただし治療薬が開発されていると、1アクションでその都市の全ての病原体を治療できる)
    ③基地の設置(その都市にいるときに、その都市のカードで基地を設置)
    ④治療薬の開発(プレイヤーカードの同じ色の都市5枚で治療薬の開発。ただし開発は基地でしか開発できない)
    ⑤プレイヤーカードの受け渡し(同じ都市に他のプレイヤーがいる場合、そのプレイヤーに現在いる都市のカードを渡すことが可能)

    アクションを行ったあとはプレイヤーカードを引く。

    そしてその後は感染率に合う枚数の感染カードを引き、出た都市に病原体を1個置く。最初は2枚。
    IMG_3878

    この流れで1ターン。そして次の人に回る。

    しかし、プレイヤーカードを引くときに恐ろしいことが起こることがある。プレイヤーカードの山札には任意の枚数(ゲームの難易度に関わるので準備時に自分達で設定)のエピデミックカードが入っている。

    エピデミックカード
    IMG_3880

    そのカードを引くと病原体が増えることになる。
    1.まず、感染率が増加する
    2.感染カードの山札の一番下のカードを引き、その都市に病原体を3つ置く。
    3.感染カードの山札の捨て札を全てよく切り、山札の一番上に置く。そう、一度病原体を置かれた都市の感染カードがまた出てくるようになるということだ。大変。

    ゲームの敗北条件にアウトブレイクが8回とあったが、アウトブレイクについて説明する。病原体は各都市に同じ色の病原体が3個までしか置けない。よって、4個目を置くことになったときアウトブレイクが起こり、そのアウトブレイクが起こった都市に繋がる都市全てに1個ずつ病原体が置かれる。大変。
    つまり、エピデミックカードが出るとそのアウトブレイクの確率が高くなる。どんどん治療せねばならない。

    アウトブレイク表
    IMG_3879

    しかし、このゲームの目的はあくまでも治療薬の開発。目の前の患者を置いてでも治療薬の開発をしなければならないときがある・・・。つらい・・・。

    他にもプレイヤーごとに選べる職業みたいなのがあってそれによってプレイヤーカードの受け渡しが楽になったり移動が楽になったり治療が楽になったり色々ある。またスペシャルカードというプレイヤーカードあり、感染フェーズをすっ飛ばしたり遠い場所へ移動できたりする。

  • 好きなところ
    ①協力ゲーム
    みんなでハラハラしながらできるゲーム。協力ゲームはそこが素晴らしい。初心者の方に協力ゲームってのもあるんだよ!とおすすめできるゲームである。

    ②ゲームバランス
    ゲームバランスが非常にうまくできており、初心者や上級者に合わせて難易度も調整できるので常にドキドキな展開が待っている。大体悔しい感じでうまーく負けるかギリギリ勝てる感じなのでとても盛り上がる。

    パンデミック 日本語版

    パンデミック 日本語版

    posted with amazlet at 16.01.17
    ホビージャパン (2009-08-01)
    売り上げランキング: 44,525

街コロ

Board gameレビュー12月3週目。
まとめはこちらから。
https://ohanachann.wordpress.com/weekly-board-game-review/

今回は街コロを選択。


街コロは日本人が作ったゲーム。今年割りと流行ったゲームでInstagramでも海外の方が結構プレイしてた。Machikoroって言ってる様子思い浮かべるとほんわかする。
ちなみに、Instagramの#bggとか#boardgameを見ると沢山の人がボドゲしてて楽しい。#bggとか割と常連の人がいてフォローしあってるけど、やっぱり30代後半っぽいおじさんが多い。TVゲームが出る前の娯楽だったのかな。ドイツは今でもプレイ人口多いけれども。あと、家族でボドゲしてる写真がかなり微笑ましい。

余談はこれくらいにして説明へ。


  • ルール
    街コロは、街を作るためにサイコロをコロコロ転がすゲーム。場にはカードが並べられており、各カードは何枚か同じものが並べられている。そして、自分の街には初期のカードが数枚。

    これが初期の自分の街のカードとコイン。
    S__61538306

    場のカードはめんどくさいので割愛。(基本パックと拡張が混ざってしまったので出すのが困難)場のカードは基本的に自分の街の麦畑やパン屋みたいなカードが沢山。(後ほど説明)

    まず、自分の手番になったらサイコロを振る。振って出た目の数に当てはまる自分の街にあるカードの効果を発動。例えば、初期から麦畑とパン屋はあるので、サイコロを振って1が出たら麦畑の効果を発動。銀行から1コインもらう。ただし、この麦畑には”誰のターンでも”とあるから、麦畑が自分の街にある他のプレイヤーも1コインもらうことになる。

    そして、その後に場のカードからカードを購入して自分の街に置くことができる。カードのコストは左下の数字。場のカードの例はこちら。
    S__61538308
    稼げるカードもあれば、他人からお金をもらうカードもある。同じカードを何枚も買っても良い。

    また、自分の街の建設中のカードもコストを支払えば完成させることができる。(完成するとカードを裏返してカラーのほうを表にする。)
    ※各ターンにコストを支払って買うまたは建設完成させられるカードは1枚
    S__61538309.jpg
    その中の1番安いものが駅。建設中のカードが完成するとそのカードの効果がずっと使えるようになる。駅の効果は”ダイスを2つ振ることができる”なので駅が完成してからやっと、7以上のカードを購入する意味が出てくる。

    こうやってどんどん自分の街を発展させる。
    そして、初期の自分の街のカードにあった建設中のカードが全て完成したら勝ち。

  • 好きなところ

    ①タイトル名
    サイコロを振るので、コロっていうことと街を合わせた造語で可愛い。覚えやすい。日本語だけれども海外の人も覚えやすい感じある気がする。
    ②可愛い
    カードの絵が可愛い。ポップ。

    ③プレイスタイルが様々
    拡張を混ぜれば場のカードの種類がかなり多い。拡張混ぜなくても沢山ある。よって、購入するカードによってその人のプレイスタイル決まって性格が出やすい。それぞれの目に当てはまるカードをまんべんなく買う人、1つの目で大稼ぎできるように何枚も同じ目のカードを買って他のカードは買わずにお金を貯める人など…。

    ④ルールシステムが斬新
    あんまりこういうタイプのゲームってないような。サイコロを振って周りの人にも影響が及んでかつそのサイコロの目によって発動される効果もプレイヤーそれぞれ。なんか独特で楽しい。

    #machikoro #bgg #cardgame #cardgames

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

    #analoggames #analoggame #boardgames #boardgame #Machikoro #bgg

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

    街コロ
    街コロ

    posted with amazlet at 15.12.20
    グランディング (2012-05-13)
    売り上げランキング: 746

    以下拡張版2つ

    街コロプラス
    街コロプラス

    posted with amazlet at 15.12.20
    グランディング (2012-11-18)
    売り上げランキング: 2,768
    街コロシャープ
    街コロシャープ

    posted with amazlet at 15.12.20
    グランディング (2014-06-01)
    売り上げランキング: 7,826

Splendor

Board gameレビュー12月2週目。
まとめはこちらから。
https://ohanachann.wordpress.com/weekly-board-game-review/

今回はSplendor(日本語名:宝石の煌き)を選択。

71mn1dvngkl-_sl1384_


  • ルール
    タイトル通り、宝石のゲーム。
    場にはレベル1〜3のカードがそれぞれ4枚とボーナスカードが置いてある。Photo 12-13-27 H, 00 14 03
    下から、緑のカードの山とその右に置いてある4枚カードがレベル1、黄色のカードの山とその右においてある4枚のカードがレベル2、青いカードの山がレベル3。その上に置いてある5枚のカードがボーナス。カードの表示の意味は以下の通り。
    左下の丸数字:コスト(青①であれば、青い宝石が1つがコスト)
    左上の数字:得点
    右上の宝石マーク:そのカードを持っていると宝石マークの宝石を持っていることと同義となる。そして更に場にはこの宝石が置いてある。
    Photo 12-13-27 H, 00 26 57自分の手番で行えることは以下3つのうちの1つ。
    ①異なる色の宝石3つをゲット
    ②同じ色の宝石2つをゲット
    ③場に出ているカードの宝石コストを支払ってそのカードをゲット
    ※黄金の宝石は他の色の代わりとして使える。
    ※タイルの宝石は消費するけれども、カードは消費されない。よって、カードを一度ゲットするとそのカードの宝石で支払っても、消費されない。宝石だけ集めてもレベル3をゲットはできないので、レベル1のカードを集めてどんどんレベルの高いカードを狙っていく。15得点集めたら勝ち。

    ※ボーナスタイルは、条件が揃った時点でゲットできる。

     

  • 好きなところ
    ①宝石タイル
    写真じゃ伝わないけれど、この宝石タイル良い感じの重さがあり、宝石感があるのでテンションがあがる。
    ②簡単
    集めるゲームなので基本的に簡単。恐らく全員どれを集めるか途中から決まってくるので、終盤では次の手番はアレを集めて、そのあとこれであの得点高いのがゲットできそう!みたいな空気になってくる。そしてそれができそうな直前で負けたりする。簡単なので誰でも楽しめると思う。

    Splendor

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

     

    宝石の煌き 日本語版

    宝石の煌き 日本語版

    posted with amazlet at 15.12.12
    ホビージャパン (2015-07-18)
    売り上げランキング: 6,899

カルカソンヌ

Board gameレビューを週1で始めてみました。
まとめはこちらから。
https://ohanachann.wordpress.com/weekly-board-game-review/

第1回ということで有名だけれども、カルカソンヌを選択。

610lxxjetrl

周りにボードゲームをやる人というのは少ない。私もairtoxinにやろうと言われて始めた。その時まで世界にこのようなボードゲームがあることを知らなかった私には未知の世界だった。そのとき初めてやったボードゲームがこのカルカソンヌ。
私も初めてボードゲームをやる人がいる場合は、カルカソンヌをやるようにしてい
る。


  • ルール
    始めは場にスタートタイルが1枚置いてある。自分の手番になったら山からタイルを引き、場にあるタイルに繋がるように置く。その時に自分の駒を置いても良いし、置かなくても良い。駒を置いたもの(城や道や協会など)が完成すると得点になる。それを繰り返して山がなくなったらおしまい。

    #Carcassonne #boardgame #boardgames #analoggame #analoggames #bgg

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

    *4人でプレイした例

    ◆ポイント:作っていく街(場に置いてあるタイル)はプレイヤー全員で1つの街なので、他プレイヤーの妨害などもできる。その上タイルも様々なので自分が引いたものが欲しいタイルでないこともしばしば。ほぼ確実にタイルはどこかに繋がるようになっているのでそれを考えていくだけでもわくわくする。

  • なぜ初心者にオススメなのか
    ①ボードゲームっぽい
    カードだけだとカードゲームになってしまうし、やはりミープル(人型の駒)がボードゲームらしいと感じる。

    #bgg #Carcassonne #boardgame

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

    ②可愛い
    家とかミープルとか小さい外国の街とかかわいい

    #bgg #boardgame #boardgames #analoggame #analoggames #carcassonne

    A post shared by 菊子(Kikuko) / Hanae Okano (@_rendezvous_) on

    ③分かりやすく簡単で盛り上がる
    ルールがシンプルな上に皆で街を作っていくので盛り上がりやすい

    ボードゲーム始めてみたい人や子供へのプレゼントとしてもオススメ。

    カルカソンヌ

    カルカソンヌ

    posted with amazlet at 15.12.03
    カルカソンヌ
    売り上げランキング: 6,182